組織図 Organization

組織図

組織図

A.取締役会
資産運用会社の経営戦略を含む経営の基本的重要事項についての意思決定を行う機関は取締役会であり、取締役会は原則として毎月1回開催され、業務執行の基本方針を決定するとともに、代表取締役社長による業務執行を監督します。また、取締役会は、コンプライアンス・オフィサーの選任及び解任についても決議を行います。なお、コンプライアンス・オフィサーの選任及び解任については、出席取締役の3分の2以上の賛成によりなされるものとします。
B.執行役員及び各部
資産運用会社の組織は、以下の各部によって構成されています。
資産運用部:運用資産の賃貸・管理と、スポンサーとの「情報提供対象物件」パイプライン(“RoFL物件”)からの取得等を担当
投資企画部:RoFL物件以外の物件取得・戦略立案・市場調査分析等を担当
経営企画部:資金調達・余剰資金運用・経理業務全般・インベスターリレーションズ(IR)等を担当
総務部:総務・機関運営・人事・IT等を担当
社長が資産運用部、執行役員CIOが投資企画部、執行役員CFOが経営企画部・総務部を担当します。
C.投資委員会及びコンプライアンス委員会
資産運用会社は、資産の運用を行う投資法人の資産の運用等に関する事項を審議し、決定すること等を目的として投資委員会を設置しており、また、資産運用会社における法令、諸規程、諸規則その他に係るコンプライアンスの徹底を図ることを目的としてコンプライアンス委員会を設置しています。
D.会長
組織上必要がある場合には、取締役会の決議をもって、会長をおくことができるものとされています。会長は、取締役会において決議された職務分担の範囲で、代表取締役を補助し助言することとされています。